読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪速っ子 in Vancouver!

大阪に住み続けて18年の浪速っ子が一年のアメリカ留学を経てカナダへ!

日本人としての自分 (Day 92)

こんにちは。

突然ですが日本にいらっしゃる皆さんは普段自分が日本人であることを自覚しますか?

普通しませんよね。

僕も18年間、旅行などを除いてはずっと大阪で過ごしてきて「自分って日本人なんだな」なんて思ったことは無かったです。

 

今年で海外生活は2年目になるのですが国外にいると自分が日本人だとよく感じるようになります。特に去年はそうでした。僕は去年一年間アメリカのミシガン州で交換留学生徒として過ごしていたのですが僕のいた地域はかなりの田舎で部活のランニングコースはトウモロコシ畑と牧場の中みたいなところでした。

さらにほぼ完全な白人コミュニティーで白人率は驚異の97.5%。高校ももちろんほぼ全員白人で現地のアジア系アメリカ人は全校生徒の中で2人だけでした。他の留学生もみんな違う国出身で日本人は皆無、もう文字通り完全なアウェーでした笑 なのでその地域にいた人の大多数にとっては僕が彼らにとっての初めて会う日本人だったのです。お年寄りの方だと僕が彼らの人生の中で話す唯一の日本人だった可能性も多いにあるわけです。

なので日本のことを聞かれた時は、特に日本人としての答えを求められた時はとても神経を使いました。なぜなら僕が言ったことを彼らには日本国民全体の意見のように受け取られるからです。津波について、地震について、政治について、日本の文化について、日本人はアメリカ人のことをどう思っているかなど。デリケートな話題の時はこれは僕の意見なんだけどね、と前置きなどはしていましたがちゃんと伝わっていたかは分かりません。そんなこんなで去年から自分は日本人なんだということを強く意識させられはじめました。

 

さて所変わって今僕は2ヶ月前から正規留学生としてバンクーバーにいます。カナダというと白人国家なイメージを持たれている方が多いかもしれませんがバンクーバーはもう人種のるつぼです。中でも多いのがアジア人、特に中国人。いやもう本当に中国語を聞かない日はないっていうレベルで多いです。大学も同じでもう誰がカナダ人で誰が留学生かなんて分かりません。僕も街や電車で道を聞かれて雑談して僕日本人なんだと言うとカナダ人だと思ったよと驚かれます。そんなバンクーバーで僕は去年よりも自分が日本人であることを強く意識している気がします。正直中国人や他のアジア系の生徒達と一緒くたにされるのは嫌だし(やっぱり彼らの多くはマナーが良いとはとても言えない...)中国語で話しかけられとイラッとします。大抵の人は顔を見て中国人でないことは分かってくれるのですが、さすがに全員というわけにはいきません。(別に中国人が嫌いだ、という訳では全くありません。仲の良い中国人の友達だっているし出身国でそれぞれ勝手なイメージを持つのは良くないと思っています) そんな感じで一括りに"Asian"とされるのは良い気分ではないしそれぞれ違う人間で異なる文化を持ってるんだよってことを分かってもらいたいです。それと日本人だとプラスになることも多々あります。初めて会った人でも日本人なんだと言うとOh! You're Japanese!って大抵の場合はなります。少なくともOh..You're Japanese..とテンションを下げられることはほぼ皆無です。多くの人が日本や日本人に対して良いイメージを持ってくれていて、あなた達の文化は素晴らしい、日本に行ったことがあるけどすごく良かった、いつか日本に行ってみたいと言われたらやっぱり嬉しいものです。そんなこんなで日本人で良かったなと思っています。

 

最後に、海外で生活していると"自分"について考えることがよくあります。俺ってどんな人間なのかな、俺の長所短所は何かな、どうしてここに来たのかな、どんな人間になりたいかな、など。きっと海外に出てきた日本人の多くの方も同じようなことお考えになると思います。僕の場合そういうことを考える上で日本人であることは自分の中で大きなウエイトを占めていると思うし"日本人らしさ”と"僕の僕らしさ"というのは被っているところが多いということが海外に出てきて分かりました。これからも"自分らしさ"を大事にしつつ成長していきたいです。

"I miss you"ってなんだ (Day 88)

突然ですが"I miss you"を訳して下さい、と言われたらあなたは何て返しますか?

あなたが恋しいです、早く会いたいな、あなたに会えなくて寂しい、あなたが側にいなくて寂しい...etc 

シチュエーションや言う相手にもよるので答えは1つではないですよね。英語ってすとーんって何でもストレートに伝える表現が多いと僕は思うんですけど、その中で"I miss you"は珍しくストレートながらも含みを持ってるよなって思います。

あなたには誰か"I miss you"と伝えたい人はいますか?

 

こっちに来てから思ったより順調に友達が出来ないっていうのもあるのですが、やっぱりたまに日本やアメリカにいる友達が恋しくなります。ずっと前のFBを見てみると今は疎遠になってしまっている人とのメッセージとかが出て来て、物理的な距離と精神的な距離ってやっぱり比例してしまうんだよなとちょっと寂しくなります。でも一方で長い間会えていないのにちょくちょくコメントやメッセージくれたりして繋がっていられている友達もいてありがたいな、大事にしなきゃなって思います。こっちでももっと大事に出来る友達を作っていきたいと思います。

 

ところでこの前、海外大学進学組の先輩方とSkypeさせてもらう機会があって恋話にもなったのですが、みなさん遠距離恋愛が多かったです。一人の方は遠距離恋愛しかしたことがないとおっしゃっていたので驚きでした。僕は遠距離恋愛なんて全然無理なタイプでそれもあって今年アメリカから帰って来た時は当時付き合っていた現地の女の子と別れて帰って来ました。ちなみに遠距離恋愛のみの先輩曰く「1ヶ月に1回会えるぐらいが良い。ご褒美みたいな感じで」だそうです。彼女さんも同じマインドなら釣り合いがとれていて良いと思うのですがもしそうでないならちょっとSelfish(わがまま?)なんじゃないかなと思います。会えていない時はテキストのやりとりで"恋愛"感を楽しんで、たまに会えた時はデートして一緒に寝てまた今度ねって感じなのかな。僕は遠距離恋愛も体だけの関係の"恋愛"もしたことがないので分からないのですが。とりあえず思ったのがやっぱり日本人同士で付き合ってる方が多いなってことです。僕もやっぱり日本人いいなって思うんですけど、まず同じ大学の同期では一人しか知らないので悲しいですw とりあえず頑張ります笑

最後ぐだくだになっちゃいましたね汗

それではお休みなさい🌙

 

グランビルアイランド観光 (Day 82)

こんにちは!

今日は珍しくお昼にこの記事を書いています。

午前中に中間試験があっていつもより時間があるのでたまには昼に書くのもいいかなと思いまして。

土曜のと今日ので2つ中間試験を終えたばかりなのに明日はビジネスのクラスの個人プレゼンで試験とプレゼンの波状攻撃なのですが頑張ります💪🏼

 

さてここからは楽しいお話(笑)ということで土曜に行ったグランビルアイランドをご紹介したいと思います。

グランビルアイランドはこちらについて初めての日に行ったのですが、前回は疲れていて奥まではまわれなかったのですが今回は日本からの友達と一緒に行くということもあり下調べもしてしっかり楽しんできました。

※ 前回に撮った写真もこの記事に使っているので晴れているのは前回撮ったものです

 

まず待ち合わせはYale townにあるコーヒーショップで。

f:id:KoheiD:20161115060322j:image

近くの木がまだ葉を残していて綺麗でした。

それからずっと海辺を南に歩いて行きボート乗り場へ。歩いてもいけるのですが船が好きだとおっしゃっていたので船で行くことにしました。曇りでしたがギリギリ雨は止んでくれてありがたかったです。

f:id:KoheiD:20161115060459j:image

海沿いの遊歩道が本当に海沿いで夏とかならサンダルで歩いても楽しいだろうなと思いました。もちろんこの横にちゃんとした道もあるので大丈夫ですよ

そしてボートに乗船!

こんなボートに乗ってグランビルアイランドに行きます。

f:id:KoheiD:20161115060851j:image

f:id:KoheiD:20161115061556j:image

船の中央に運転席があり周りを囲むように座れるようになっています。運賃は現金でしか払えないのでお気をつけ下さいね。

f:id:KoheiD:20161115061140j:image

f:id:KoheiD:20161115061202j:image

晴れていたらもっと綺麗ですしボートに乗るだけでも純粋に楽しいのでオススメです。

 

さていよいよグランビルアイランドに到着です。晴れていたら船着場からはこんな景色を見られます。

f:id:KoheiD:20161115061451j:image

ちなみに近くの橋の上からだとこんな感じ。

f:id:KoheiD:20161115061804j:image

 

船着場を降りると直ぐ目の前にグランビルパブリックマーケットがあります。中では野菜や果物、魚や肉、花やアート作品など本当に色んなものが売られています。結構広いしたくさんのお店があるので全部はご紹介出来ないので写真でお見せしたいと思います。

f:id:KoheiD:20161115062148j:image

f:id:KoheiD:20161115062216j:image

野菜&果物売り場。

見たこと無いものも色々売っているのでめぐり歩くだけでも楽しいです。

f:id:KoheiD:20161115062318j:image

前回食べ損ねたクラムチャウダーパイ。

とっても美味しかったです。割と大きいので2人でシェアしてちょうどいいぐらいでした。このお店では他にもサーモンパイなども売っていました。お店の名前は忘れてしまったので探してみて下さい!笑

f:id:KoheiD:20161115062510j:image

市場の一角にあるフードコート。

正直ここでがっつり食べるよりは色んなお店で少しずつ食べ歩きする方が楽しいかなと僕は思います。

f:id:KoheiD:20161115062725j:image

有名なお肉屋さん。ここのパティが凄く美味しいそうで前回も今回も凄い人でした。何日か滞在される方はお酒のお供用などに買われてみてもいいと思います。

他にもドーナツ屋さん、お茶屋さん、マカロン屋、ベーカリーなどたくさんあるのですが長くなるのでお来しの際は是非事前に下調べして美味しいものを楽しんで下さいね!

 

グランビルアイランドには市場以外にも小さなお店がたくさんあってお土産なども買えるので是非そちらも散策してみて下さい!

f:id:KoheiD:20161115063225j:image

↑謎のほうき屋さん笑

↓ちなみにこちらが僕が今回グランビルアイランドで買ったものです。

f:id:KoheiD:20161115063439j:image

ポストカードとしおりとクリスマスのオーナメントです。ちなみにしおりとオーナメントはハンドメイドです。それぞれ違うお店で買ったのですがどのお店の方もフレンドリーでオーナーさんとお話するのも楽しかったです。皆さんもお土産をゲットしてカナダの人々の暖かさにも触れてみて下さいね。

 

f:id:KoheiD:20161115063715j:image

f:id:KoheiD:20161115063725j:image

夜もあちこちでミュージシャンの方が演奏されていてとっても良い雰囲気でした。

 

そして夜ご飯は一緒に行った方が案内して下さったキツラノにあるNAAMというビーガンのお店へ。ビーガンはベジタリアンの中でも一番厳しくて肉類はもちろん乳製品も使いません。

f:id:KoheiD:20161115064002j:image

グランビルアイランドからは何とか歩けるかなって距離でしたがキツラノストリートにも色んなお店があるので歩いているだけでも楽しかったです。

f:id:KoheiD:20161115063949j:image

有名なお店みたいで僕達が食べている間も常に行列が絶えませんでした。

僕はメキシカンプレートを、彼女(She)はハンバーガーを頼んでなんとかボウル(玄米の上に野菜や豆腐がのっているもの)をシェアしました。肉や卵などを一切使っていないのにどれもとても美味しかったしこれだけ頼んで1人20ドルぐらいだったのでリーズナブルでした。また機会があれば行ってみたいです。

 

さて今回は写真も多めの記事でしたがいかがだっでしょうか?楽しんで頂けたなら幸いです :)

バンクーバーにお越しの際は是非グランビルアイランドを訪ねてみて下さいね。

それでは!

 

Day 79 19歳、正規留学生としての苦悩

こんばんは。

アメリカ大統領選、トランプが勝ってしまいましたね。僕もFBを見ていたらほとんどのアメリカ人の友達はヒラリー推しで嘆いていたのですが、それでも少しはトランプ支持の人たちもいました。正直メンツを見ると、なるほどねって感じでしたがw

カナダの移民申請サイトもクラッシュしてしまったしこれからどうなることやら。。

 

さて政治的なことは皆さんそれぞれのご意見をお持ちだと思うのでこれぐらいにして今日の記事の内容について。タイトルから暗い投稿なのはお察しして頂けるかとは思いますがたまには自分の感情的なことも記事にしてみてもまた何年か後にまた自分で振り返られるかもしれないからいいかなということで今回このタイトルにしました。

 

さて最近すごく思うのが ”自分はもう交換留学生じゃなくて正規留学生なんだよな”ということです。去年僕はアメリカのミシガン州に1年間交換留学生として現地のホストファミリーのお宅に滞在していました。彼らはボランティアで僕を受け入れてくれた上とても良くして下さり今でもおじいちゃんおばあちゃん、いとこやおじさんおばさんなどともFBでやりとりをしたりしていて良いご縁に恵まれたな、と感謝しています。初めての海外生活で、さらに英語もかなり拙かったのですが現地で友達や大切な人も出来てとても楽しい日々を送っていました。そりゃ初めての海外生活でよそのお宅で(もう今は”よそ”ではないんですけどね)初めましての家族と共に1年間生活していたので、初めてのことばかりの非日常が日常に近づく過程で色んなストレスはありました。さらに僕は向こうにいる間に大学進学の準備もしていたのでそういうしんどいさも多々ありましたがそれでも楽しかったです。毎日友達と授業を受けて仲いい人たちと一緒にお昼御飯を食べて、放課後はクラブでチームメイトと汗を流し、あのこじんまりとしていながらもあったかい人間関係は正直日本の僕の高校では味わえなかったものでした。なので日本に帰る前にみんなと別れるのは本当に辛かったです。中でもとっても仲良かった同じく留学生だった友達とお別れした時のことは今でも鮮明に覚えていますし、当時付き合っていた人との間にあったことも全部とても辛かったです。今でも彼らのことは恋しいしたまにメッセージのやりとりなんかをしていてもちゃんと会って話せたら良いのにな、と思います。それだけ良い人たちに囲まれ、守られていた1年間でした。

 

ところ変わって今年の秋から僕はカナダのバンクーバーにあるSimon Fraser University (SFU)という大学に付属しているカレッジに通っています。SFUは中規模サイズの大学でありながらカナダ国内でもレベルの高い大学で特にビジネスと犯罪学が強いことで有名です。僕も来年にSFUに編入できるように頑張っています。現在大学の寮で一人暮らしをしていて自由に生活できるのは本当に嬉しいですがやっぱり家族と過ごすのが一番楽ちんだなと思います。洗濯はしてくれるし(アメリカでは自分でしていましたが笑)寝過ごしてたら起こしてくれるし風呂は沸かしてくれるし何よりも自分のことを身近で気遣ってくれて守ってくれている存在というのは心強いものです。実はこちらに来てから恐らくストレスが原因で消化器系をやってしまいこちらの病院のお世話になりました。その時も自分でクリニックを探して行って大量に血を抜かれてと中々気の滅入るものでした。他にもやはり自分に降りかかってくる責任が今までとは段違いに多くて今まで甘ちゃんだった分もっとしっかりしなくちゃいけないなと思う日々です。そんなこんなで今までよりストレスフルな生活なのにさらなる問題が。。

親しい友達が少ない!

いるにはいるんですがみんな取る授業も違うし住んでいるところも違うしお互い忙しいので頻繁に会える友達が少ないです。そういう面では学校に行けば毎日友達みんなに会える高校生時代は良かったなと思います。これは自分が留学生ということもあるし、まだ初めてのセメスターの中盤ぐらいなので気長に良い友達をもっと作っていこうと思っています。

 

そんなこんなでメンタルが弱めな時に日本の友達が”今日は友達と遊びに行ってきた!”,"飲み会楽しかった!","学祭最高やった!"みたいなことをツイッターやFBであげているのを見ると楽しそうでいいな、なんてSNSに毒される典型的な人みたいに思ったりしてしまいますw 僕の場合やっぱり勉強は大変で平日は授業があったら1日7,8時間は勉強しているしバイトはおろか平日に遊びに行くことはほぼ不可能です。僕自身、要領が良い方ではないし新入生ということもあるのですがそれでも中々身に堪えます。さらにアメリカなどにいる日本人留学生の友達や先輩に相談しようにもほとんど皆さん大学入学以前に海外経験があって英語はぺらぺら、大学もすんごいところに行っている方々がほとんどであんまりこのレベルの悩みは共有出来ないだろうなという感じです。また全体的に日本にいる大学生は海外の大学生より勉強に時間をあてないし入ってしまえば卒業も比較的簡単で(あくまで全体的にという話です)そういう道はどうだったんだろうなと考えることもよくあります。でも実際答えは自分でも分かっていて"それ自分的におもろないやろ" というものなんなのですよね。自分はそんなに無難に生きたいん?違うやろ?って。そんなこんなでなんとかしんどい時は自分自身を鼓舞しながら頑張っています。

 

最後に。

正規留学しているんだ、という話になると"良いね"、"楽しそう"、"羨ましい"なんてことをよく言われます。正直なところ思うのはあなたの思っている留学と本当の正規留学は違うと思うよってことです。確かに楽しい時は楽しいしチャンスを与えてもらえてラッキーだなとも思っています。でもそれでも海外旅行とは違うんです。短期や交換留学とは違うんです。もっとドロドロしていてきつくて、でもそれでもやりがいがある、そんなものだと僕は感じています。これから正規留学をお考えの皆さんはそれぞれのイメージや留学斡旋会社の甘い誘い文句に惑わされることなくしっかりとした意思を持って臨んで頂ければきっと素敵な留学生活になると思います。

自分もまだ19歳。これからも精進していく所存です。

Day 74 Happy weekend!

こんばんは。

今こちらは日曜日の夜です。

昨日は帰りが遅かったのに朝起きたら8時過ぎで「休みの日やのにこの時間にアラーム無しで起きれる俺偉いやん」とか思っていたらサマータイム終わって1時間夜が長かったそうです。友達から今日聞いて納得しました笑

 

さて昨日は中国人の友達とダウンタウンにラーメンを食べに行きました。彼は日本のことがとても好きなのですが中国のことは好きではなく留学の一番の理由が卒業後にカナダ人になるため、だそうです。僕の大学は留学生比率、(中国人比率?)が高いのでキャンパス内でも肌の色が色々でインターナショナル色が強いように思います。

さて話を戻して僕達が行ってきたのは山頭火というお店。前に一度1人で行ってやっとバンクーバーで満足できるラーメン屋に辿り着いたととても感動したのを覚えていて良い機会だと思いもう一度行くことにしました。

f:id:KoheiD:20161107153311j:image

頼んだのは味噌ラーメンとシャケご飯のセット、そして餃子をシェアしました。

彼もとっても満足してくれたようで良かったです。そのあとは近くにあるコンビニ屋というお店に行ったあとLondon Drugにアイロンを買いに行き最後に彼が中華系スーパーで買い物をしていきたいと言ったので一緒についていきました。

f:id:KoheiD:20161107153643j:image

f:id:KoheiD:20161107153658j:image

↑コンビニ屋は日本のお菓子や食べ物、化粧品など売っていて日本では見たことないカルピスが売っていたりと日本人が行っても楽しめますよ!

f:id:KoheiD:20161107153534j:image

f:id:KoheiD:20161107153847j:image

↑中華系スーパーの中の鮮魚コーナー。

水槽めちゃでかいし水族館のようでしたw

 

このあとはスカイトレインに乗ってキャンパスまで帰りました。ちなみにチャイナタウンの駅のサインも中国語でした。

f:id:KoheiD:20161107154002j:image

帰った後も"今日は楽しかった! また遊ぼうぜ "みたいなことを送ってきてくれてこういう良い友達は大切にしていこうと思いました。

 

そして今日はインド人の友達と映画をに見に行って来ました。僕は今日が初めてのカナダでの映画館だったのですが基本アメリカと一緒でした笑 そういえば日本と違っていて驚いたのはカウンターでチケットを買うときに席を指定しないこと。チケット買って入り口で見せたら後は早いもん勝ちでみんな好きなとこに座ります。

そして今日見たのはこの映画。

f:id:KoheiD:20161107154417j:image

マーベルの最新作で映像も凄いし面白かったです。ただやはりセリフは全部理解出来るわけじゃないし、いつかは全部何言ってるか分かれるようになりたいなと思いました。

また映画と言えばポップコーンですがせっかくカナダにいるからということで友達とプーティンをシェアしました。

f:id:KoheiD:20161107154629j:image

プーティンはフライドポテトにチーズとグレイビーソースをかけたものでめちゃ美味しいです。カナダに来たら是非食べてみて下さいね!

 

ちなみに今日の映画は彼女(Sheという意味での彼女です)の方から誘って来てくれたのですが学期始めからずっと友達だったこともありデートっぽさは全くなく、なんで2人で映画見にいこうって誘って来たのか不思議でしたw たまには心ときめくような人とちゃんとしたデートをしたいななんて思います。

 

今週末は結構楽しんだので平日はしっかりいつも以上に頑張ります。

それでは!

 

 

 

Day 72 筋トレと留学について

こんばんは。

今日はジムと筋トレのこと、そして少し留学関係のことについて書きたいと思います。

もちろん専門的な筋トレ方法とかではなくこちらの筋トレカルチャーや人々の体への意識や僕の体験などについてです。日本とはかなり違うのでそういうのに興味がない方にも楽しんで読んでいただけると思います!

 

さて僕がちゃんとしたジムで筋トレを始めたのは去年の冬ごろ、アメリカの高校でレスリングチームに入った時でした。日本にいた時は陸上の長距離と軽音楽部でドラムをしていたのでかなりヒョロイ部類でした。

f:id:KoheiD:20161105121736j:plain

↑僕が愛用していた部のボロいドラム君笑

 

しかしアメリカに来る前にここまでヒョロいとアメリカのヤンキー達にぼこられるかもしれないと思い近所の少林寺拳法の教室に稽古に通うようになりました。それで少しは筋肉もついたのですがそれでも日本の平均並みのごつさで渡米。はじめの学期はクロスカントリーチームに入っていたので相変わらずひょろいままでした。(アメリカのほとんどの高校はクラブがシーズンごとに分かれていて日本のように通年同じスポーツをすることは学校外のクラブチームなどに入っていない限りはありません。)

そして迎えた冬学期。選択肢はボーリング、バスケットボール、レスリングでこの中ならレスリングかなーと軽い気持ちで行ったのですが想像を絶するキツさでした。毎日のハードな練習からのジムで筋トレ、帰る頃にはクタクタになっていました。

さらに試合前になるとそれぞれの規定体重まで落とすために食事を減らし、さらに近づくと食事なし、前々日からは水などもほとんど無しという生活でした。計量パスした後に学校のスプリンクラーで飲んだ水がとっても美味しく感じたのを未だに覚えています。またレスリングは本当にタフなスポーツで練習や試合中の出血や打撲、骨折は全然珍しくなく試合中に脳震盪を起こして救急車で運ばれていく選手もいました。ちなみにそういうので運ばれる時はその選手が会場をから出る際に会場の皆が拍手で送り出します。そういうリスペクトがあるのはやっぱりいいなと思うとともに、これは本当にやばいところに来てしまったとひいていました。しかしハードなトレーニングや筋トレのおかげで僕の体もだんだんとゴツく男らしくなっていきました。

 

するとどういうことでしょう!

学校のダンスパーティーに行くと何人かの女の子から一緒に踊ってくれない?と誘ってもらえるようになったのです。もちろん現地の子からでしかもスローダンスにです。スローダンスはロマンティックなゆっくりとしたテンポの曲に合わせて極めて近い距離で踊るダンスのことです。説明が下手なので画像を貼っておきますね。

f:id:KoheiD:20161105124100j:plain

この画像はネット上から拾ってきましたがプロムなどフォーマルなパーティーに行くと本当にこんな感じです。ちなみに付き合っていなくても一緒にスローダンスを踊るのはokでした。この距離感は経験豊富でない僕には刺激的すぎましたw

 

交際していた女の子と仲良くなりだしたのもこの時期でした。僕の英語がマシになってきていたのもあるでしょうが体つきが変わるとこんなにも反応が変わるものなのか、そして意外にも見られているものなんだなと驚いたものです。さあ、アメリカに留学予定のみなさん!今すぐ筋トレを始めましょう!笑 もちろん英語が話せなければだいぶ厳しいので頑張ってくださいね。話がズレますが現地の言語を学びたければ現地の家族と暮らすかネイティブの恋人を作るのが一番良いと僕は思います。恋人ができたらデートに誘うのも口説くのも英語だし付き合いだしてからはテキストのやりとりなどで色んなフレーズも学ぶことができます。もちろんそんな理由で恋人を作るような人はいないと思うしいて欲しくないのですがこういうメリットもあるんだよということでお話ししました。また現地の家族と住んだら必然的に彼らとのコミュニケーションをとる必要が出てきますし、より密な関係が築けるので高校で留学するなら現地のホストファミリーと、さらに願わくばボランティアのホストファミリーと一緒に過ごすことを強くお勧めします。やはりお金が絡むとどこかビジネス的な要素が出てきてしまうと思うからです。僕のホストファミリーはボランティアで受け入れてくれて今でもよくやりとりをするしファミリーのおじいちゃんおばあちゃんともメッセージのやりとりなどをしています。

 

だいぶ話が逸れてしまいましたね、それでは話変わって今僕がいるカナダでの筋トレ事情です。

やっぱりジムに通っている人が多い、というか生活ルーティーンの一部にしている人が多く、街でもジムなどよく見ますし薬局に行けば色んな種類のプロテインが売っています。またかくいう僕も週に三回、メインは部位ごとに分けて、そして体幹なども混ぜながら試行錯誤友達とトレーニングしています。

f:id:KoheiD:20161105133721j:plain

↑僕の大学のジムは一階と二階に分かれていて写真はフロアの半分の写真です。

混んでる時間はもう少しベンチなど数があってもいいのになと思いますが個人的には寮から歩いて五分ということもあり気に入っています。

 

そして驚くのは女子も少なからずジムに、しかもマシンではなくフリーウエイトのエリアにいることです。たいてい露出度高めのピチっとした格好をしているので男性諸君はよく横目でチラチラしています笑 今日も僕より小さな女性の方が90kg近くベンチプレスをあげているのを見て呆然としました。もちろん男子は言うまでもなくごりごりな奴ばっかりなので良いモチベーションになります。今はもうレスリングはしていないのですがジークンドーというブルースリーが作られた格闘技を習ってるので筋トレと同時進行で頑張っています。

カナダ人の友達はまだ多くないのでカナダ人のことはあんまり分からないのですが同じスポーツチームの香港人の女の子に"Kohei良い体してるね、インド人の友達もそう言っていたよと言われました。ちなみにそのインド人の女の子から映画に誘われたので明後日一緒に見に行く予定です。日本でそんなに人気があるわけではなかったのですが人生分からないものです笑 日本では草食系とかも人気だけとやっぱりこちらは違うもんなんだなと思います。とは言ってもまだまだ心身共に鍛えなければいけないので精進していきます。

それでは!

Day 71 引っ越ししました!

こんばんは。

引っ越しでバタバタしていてハロウィン投稿以来少し間が空いてしまいました。

みなさんはハロウィーン楽しまれたでしょうか?

日本の友達がユニバや渋谷の交差点でわちゃわちゃしてる写真を投稿しているのを見て、こういうのもいいよなぁ、やっぱ日本人女子可愛いよなぁ、なんて思っていました笑

こっちのパーティーとかももちろん楽しいのですが日本式のハロウィーンもいいですよね。

 

さて今日は僕の住んでいるところについてです。今までダウンタウンのメインストリートにあるバス停まで徒歩30秒、ビーチまで歩いて5分、Granville Islandまでも歩いていけるという素晴らしい立地のホテルに2ヶ月ほど滞在していました。

 

元々はキャンパス内の寮に入りたくて応募したのですが落ちてしまいそれから大学から紹介された民間の生徒専用のアパートに応募したのですが工事が遅れてまだ入居出来ないというところで大学からは遠いのですが同系列のホテルに同じ料金で泊まれることになりました。ダウンタウンはやっぱり楽しいし便利やし一応ホテルなので部屋掃除してくれたりタオルとかも変えてくれたりするので気に入っていたのですが..遠い!!

そこからキャンパスまではバスを2本乗り継いで行かなくてはいけなくてバスのスケジュールによっては70分以上かかることもあります。さらにバンクーバーは今雨のシーズンで日の出も遅いです。なので朝の6時半に起きて暗い中登校、そして夜の10時ごろにまた暗い中帰宅、(プラス雨)という生活ルーティーンが効率悪いなとも思い出した頃、僕より長く大学にいる友達にそのことを愚痴っていると「寮のオフィスに行って空いてる部屋があるか聞いてみたら?空き部屋あったら入れてくれるかもよ」と言われました。こんなセメスターのど真ん中の中途半端な時に空き部屋なんてあるかいな、と思いつつもダメもとで聞きに行ったらなんと2部屋空いている部屋があり来月から移ることが可能だと言われました。

そして2日前の11/1に無事入寮出来ました。

 

シーツや枕など全部、自分達で用意しなければならないので昨日今日と買い物に出かける日々です。今週末にはちゃんと部屋を整えたいと思っています。

それでは!