読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪速っ子 in Vancouver!

大阪に住み続けて18年の浪速っ子が一年のアメリカ留学を経てカナダへ!

Day 29 クラブについて

こんばんは!

最近こちらは朝夕はかなり冷え込んできて秋だなぁといった感じです。大阪はどうなんでしょうか?

f:id:KoheiD:20160923123030j:image

↑メインキャンパスも少し秋色に。明日はここのホールで大きなパーティーがあるので楽しみです楽しみです👍🏼

 

さて、今日は僕が入っているクラブについてです。勉強が大事だということはもちろんですが楽しいこともしたい、友達も作りたいということで前々から目をつけていたクラブをちょいちょい覗きながら絞り込んでいきました。

そして今メインで入っているクラブはQuidditchとJeet-Kune-Doです。

どっちも一体何やねん、と思われる方もいると思うのでそれぞれ説明させてもらいます。

 

まずQuidditchはハリーポッターに出てくるハリー達が箒にのって飛び回りながらしているあのクィディッチです。さすがに空飛ぶ箒は無いので片方の手で棒(箒)を持ちもう片方の手でボールを扱います。

はじめは滑稽にも見えるこのスポーツですがあなどるなかれ。タックルありのコンタクトスポーツなんです。例えるならハンドボールラグビーといった感じで選手のマウスガードの着用が義務付けられています。

また男女が共に同じフィールドでプレイすることが義務付けられているという特殊な一面もあります。

SFUのチームは大学のちゃんとしたクラブで国内大会、そしてWorld cup(世界大会)まであります。SFUは去年、西カナダで2位でカナダ国内でも上位だそうなので頑張ります。

まだ載せられる写真が無いのと自分もまだルールを勉強中なので笑(笑)興味のある方はYoutubeGoogleなどで調べてみて下さい!

 

お次はJeet-Kune-Do ジークンドー

皆さん、この方はご存知だと思います。

f:id:KoheiD:20160923124938j:image

そう有名な武道家、そして俳優のブルースリーです。(僕は修練中なのでブルースリー先生と呼ぶべきなのですが)

ジークンドーブルースリーが考案した総合格闘技でルール制限なしのストリートファイト用の武道となっています。また様々な武道が取り入れられていて空手などのように決まった型にそって修練していくというものではないのも特徴です。

日本にいた時に少林寺拳法を習っていたのとアメリカ留学中にレスリングをしていたこともあり元々格闘技は見るのもするのも好きだったので迷わず体験授業に行ってきました。

初回からミット打ちやかなり実践的な練習が出来満足だったので即受講を決めました。

 

そんなこんなでクラブはこの二つをメインにしています。大学内でも授業の延長でディベートのコンテストにもチームで参加しているのですがそのお話はまた今度に。

次セメスターからはアカデミック系の課外活動も様子を見て始めようと思っています。

今日もお読み下さりありがとうございました :)