浪速っ子 in Vancouver!

大阪に住み続けて18年の浪速っ子が一年のアメリカ留学を経てカナダへ!

Day 72 筋トレと留学について

こんばんは。

今日はジムと筋トレのこと、そして少し留学関係のことについて書きたいと思います。

もちろん専門的な筋トレ方法とかではなくこちらの筋トレカルチャーや人々の体への意識や僕の体験などについてです。日本とはかなり違うのでそういうのに興味がない方にも楽しんで読んでいただけると思います!

 

さて僕がちゃんとしたジムで筋トレを始めたのは去年の冬ごろ、アメリカの高校でレスリングチームに入った時でした。日本にいた時は陸上の長距離と軽音楽部でドラムをしていたのでかなりヒョロイ部類でした。

f:id:KoheiD:20161105121736j:plain

↑僕が愛用していた部のボロいドラム君笑

 

しかしアメリカに来る前にここまでヒョロいとアメリカのヤンキー達にぼこられるかもしれないと思い近所の少林寺拳法の教室に稽古に通うようになりました。それで少しは筋肉もついたのですがそれでも日本の平均並みのごつさで渡米。はじめの学期はクロスカントリーチームに入っていたので相変わらずひょろいままでした。(アメリカのほとんどの高校はクラブがシーズンごとに分かれていて日本のように通年同じスポーツをすることは学校外のクラブチームなどに入っていない限りはありません。)

そして迎えた冬学期。選択肢はボーリング、バスケットボール、レスリングでこの中ならレスリングかなーと軽い気持ちで行ったのですが想像を絶するキツさでした。毎日のハードな練習からのジムで筋トレ、帰る頃にはクタクタになっていました。

さらに試合前になるとそれぞれの規定体重まで落とすために食事を減らし、さらに近づくと食事なし、前々日からは水などもほとんど無しという生活でした。計量パスした後に学校のスプリンクラーで飲んだ水がとっても美味しく感じたのを未だに覚えています。またレスリングは本当にタフなスポーツで練習や試合中の出血や打撲、骨折は全然珍しくなく試合中に脳震盪を起こして救急車で運ばれていく選手もいました。ちなみにそういうので運ばれる時はその選手が会場をから出る際に会場の皆が拍手で送り出します。そういうリスペクトがあるのはやっぱりいいなと思うとともに、これは本当にやばいところに来てしまったとひいていました。しかしハードなトレーニングや筋トレのおかげで僕の体もだんだんとゴツく男らしくなっていきました。

 

するとどういうことでしょう!

学校のダンスパーティーに行くと何人かの女の子から一緒に踊ってくれない?と誘ってもらえるようになったのです。もちろん現地の子からでしかもスローダンスにです。スローダンスはロマンティックなゆっくりとしたテンポの曲に合わせて極めて近い距離で踊るダンスのことです。説明が下手なので画像を貼っておきますね。

f:id:KoheiD:20161105124100j:plain

この画像はネット上から拾ってきましたがプロムなどフォーマルなパーティーに行くと本当にこんな感じです。ちなみに付き合っていなくても一緒にスローダンスを踊るのはokでした。この距離感は経験豊富でない僕には刺激的すぎましたw

 

交際していた女の子と仲良くなりだしたのもこの時期でした。僕の英語がマシになってきていたのもあるでしょうが体つきが変わるとこんなにも反応が変わるものなのか、そして意外にも見られているものなんだなと驚いたものです。さあ、アメリカに留学予定のみなさん!今すぐ筋トレを始めましょう!笑 もちろん英語が話せなければだいぶ厳しいので頑張ってくださいね。話がズレますが現地の言語を学びたければ現地の家族と暮らすかネイティブの恋人を作るのが一番良いと僕は思います。恋人ができたらデートに誘うのも口説くのも英語だし付き合いだしてからはテキストのやりとりなどで色んなフレーズも学ぶことができます。もちろんそんな理由で恋人を作るような人はいないと思うしいて欲しくないのですがこういうメリットもあるんだよということでお話ししました。また現地の家族と住んだら必然的に彼らとのコミュニケーションをとる必要が出てきますし、より密な関係が築けるので高校で留学するなら現地のホストファミリーと、さらに願わくばボランティアのホストファミリーと一緒に過ごすことを強くお勧めします。やはりお金が絡むとどこかビジネス的な要素が出てきてしまうと思うからです。僕のホストファミリーはボランティアで受け入れてくれて今でもよくやりとりをするしファミリーのおじいちゃんおばあちゃんともメッセージのやりとりなどをしています。

 

だいぶ話が逸れてしまいましたね、それでは話変わって今僕がいるカナダでの筋トレ事情です。

やっぱりジムに通っている人が多い、というか生活ルーティーンの一部にしている人が多く、街でもジムなどよく見ますし薬局に行けば色んな種類のプロテインが売っています。またかくいう僕も週に三回、メインは部位ごとに分けて、そして体幹なども混ぜながら試行錯誤友達とトレーニングしています。

f:id:KoheiD:20161105133721j:plain

↑僕の大学のジムは一階と二階に分かれていて写真はフロアの半分の写真です。

混んでる時間はもう少しベンチなど数があってもいいのになと思いますが個人的には寮から歩いて五分ということもあり気に入っています。

 

そして驚くのは女子も少なからずジムに、しかもマシンではなくフリーウエイトのエリアにいることです。たいてい露出度高めのピチっとした格好をしているので男性諸君はよく横目でチラチラしています笑 今日も僕より小さな女性の方が90kg近くベンチプレスをあげているのを見て呆然としました。もちろん男子は言うまでもなくごりごりな奴ばっかりなので良いモチベーションになります。今はもうレスリングはしていないのですがジークンドーというブルースリーが作られた格闘技を習ってるので筋トレと同時進行で頑張っています。

カナダ人の友達はまだ多くないのでカナダ人のことはあんまり分からないのですが同じスポーツチームの香港人の女の子に"Kohei良い体してるね、インド人の友達もそう言っていたよと言われました。ちなみにそのインド人の女の子から映画に誘われたので明後日一緒に見に行く予定です。日本でそんなに人気があるわけではなかったのですが人生分からないものです笑 日本では草食系とかも人気だけとやっぱりこちらは違うもんなんだなと思います。とは言ってもまだまだ心身共に鍛えなければいけないので精進していきます。

それでは!