悟りきれない俺は海を渡った。

悟りきれない悟り世代、23才。 バンクーバーで大学生をやっていましたが、本帰国しました。来春から不動産デベで就業開始予定。

カナダのコロナ事情 / 日本人の意識低すぎ問題

さて、いよいよカナダにもコロナの波が押し寄せてきました。

僕は現在バンクーバーに住んでいるのですが、大学の授業は全てオンラインになりました。

 

今のところ留学生への本国への帰国指示などは出ていないため、家で大人しくしています。恐らくバイト先のレストランももうすぐ営業を停止にせざるを得なくなるので、ほぼずっと家にいることになります。

 

カナダへの留学、ワーホリ等を検討されている方もいると思うので、3/17現在発表されている内容についてまとめます。

 

f:id:KoheiD:20200318064122j:plain

目次

 

カナダ事情

1. 入国制限

カナダ国民、永住権保持者以外のカナダへの入国が一部を除き禁止されました。

外交官や航空業界勤務者、アメリカ国民は制限の対象外になります。

 

これにより学生ビザ保持者の僕達、学生は一度出国すると現時点では再入国することが不可能となります。僕は五月からの夏セメスターを終えると卒業なので、とりあえず現時点ではこちらに残ることにしています。

 

今のところはカナダでは、留学生の本国への帰国指示等は出ておりません。

 

ただ、もし夏セメスターの授業がオンラインに移行する事になれば本帰国する事になると思います。こっちにいるだけで生活費や保険料がかかるからです。

 

来年の四月から日本で働くことが決まっているので、それに影響が出ないことを願っています。

 

恐らくこの入国制限の影響で、カナダへの留学やワーホリは中止にせざるを得ないかと思いますので、詳しくは学校やエージェントに確認してみてください。

 

ちなみに僕の大学も来学期に予定していた他国への交換留学プログラムは全て中止となりました。

 

2. 学校閉鎖

公私立共に全ての教育機関の閉鎖が決まりました。

今までは公立の学校のみでしたが、私立の学校にも閉鎖が要請されました。

これにはChild careなどの保育施設や、小中学校も含まれます。

 

再開の時期などは現在のところ明らかにされていません。

 

3. オンタリオ州が緊急事態宣言

オンタリオ州が緊急事態宣言を発令しました。

 

これにより

1. 図書館や自然公園等の公共施設の閉鎖。

2. レストランやバーの閉鎖。(テイクアウトやデリバリーは可)

3. 全ての劇場の閉鎖。

4. 50人以上の集会の禁止。

 

などが実施されます。

 

カナダおなじみのTim Hortonsも、僕の地域の店舗では店内での飲食を禁止、ドライブスルーとテイクアウトのみになりました。

恐らく他の地域でも同様の処置が取られているかと思います。

 

BC州でも大規模なイベントやコンサートは全て中止、あるいは延期が決定し、僕も参加予定だった5月開催のバンクーバーラソンも中止されました。

 

僕のルームメイトはオンタリオ州出身ですが、明日には帰ると言っています。

そのうちカナダ国内の移動にも制限が出てくるのではないでしょうか。

 

4. 店舗の閉鎖

NikeAppleをはじめとしたブランドが、続々と実店舗の一時閉鎖に踏み切っています。

BC州でもチェーンのレストランの多くが3月末までの営業休止を発表しています。

 

ちなみに今日はSt Patrick's dayという祝日なのですが、ウイルスの拡散を防ぐため、ダウンタウンエリアの飲食店は全て閉鎖されます。

 

おまけ: アメリカ人が爆買いしているものは?

今朝のニュースでアメリカでは銃販売店に客が集まっているとありました。

 

インタビューに答えた人の中には「非常事態になったら自分の身は自分で守らなきゃいけないだろう」という人もいました。

 

この現象がアメリカ全土で起きているわけではないとは思いますが、やはり留学先はアメリカにしなくてよかったなと思っています。

 

日本、大丈夫?

もうオリンピックはええんちゃう?

昨日、G7の電話会談がありましたが、そこで安倍首相は「オリンピックを完璧な形で実現する」と発表したそうな。

 

オリンピックは経済面でも、日本のメンツを保つためにも大事なのは理解できますが、流石に予定通り開催等のはキツすぎるのではないでしょうか。

 

中止や延期になった場合の経済的なダメージはかなり大きくなりますが、東京オリンピックのせいで事態が深刻化したりした場合、日本の国としての信用問題になりかねません。

 

オリンピックのために頑張ってきた選手の皆さんのためにも、根拠なく「予定通り開催するんだ」と言い張るのではなく、具体的な延期、中止策を発表するのが妥当であると考えます。

 

日本人の意識低すぎ問題

 アメリカ、カナダ、イギリス等が、それぞれ思い切った政策をとっている中で、日本の対応はあまりにも中途半端すぎると感じます。

イギリスのように集団免疫を獲得する政策でもなければ、カナダのように徹底的に押さえ込もうとする政策でもない。

 

学校も閉まっているところがあれば、開いているところもあり統制がとれていないし、入国制限に関してもザルザル。

 

カナダ政府は不要な外出を控える要請、国外にいる国民への帰国要請/渡航費補助、レストラン等の実店舗の閉鎖要請、そしてそれに伴う低収入層への金銭的補助など次々と対応策を出しています。

 

それでもカナダ人は政府の対応が遅いと怒っています。

 

一方で前述の通り、日本政府の対応はあまりにも手ぬるいし、遅い。

それに対して日本人の中にも政府に対して憤りを感じている人も一定数いるようです。

 

しかし、そんな日本政府を叩いている日本国民も同様に意識が低すぎると感じます。

実際多くの国民がまだ海外旅行をしたり、国内を自由に動き回っています。

日本人も、中国人や韓国人を「コロナ 流行ってるのに日本に来るな」と叩いていますが、自国民も同じ行動をとっている事に関してはノータッチのようです。

 

政府も政府ですが、僕たち日本国民の意識も低いと感じざるをえません。

 

しかし、それもある意味仕方のないことかもしれません。

日本人の平和ボケは今に始まった話ではありません。

朝のワイドショーなどは、国民の不安を無駄に煽るようなことばかりを繰り返して、視聴率稼ぎに必死。

 

カナダの友達(もちろん全員ではない)はインスタなどでもいかにウイルスの拡散を防ぐか、政府の対応に関するニュースなどを積極的にシェアしているものの、日本人はいつも通り自分が遊びに行っているところなどしか上げていません。

 

逆に日本だと、コロナ関連のニュースなどをシェアし始めたりしたら「うわあ、意識高い系かよ」「過剰反応しすぎなんだよなあ」などと白っとされて終わりでしょう。

 

北米、ヨーロッパ等の国々が次々と非常事態宣言を出している中で、発生源の中国からから最も近い国の一つである日本が安全なわけがありません。

単純に十分な数の検査がなされていないだけなのです。

これぐらいのことは誰にでも分かるはずなのに、恐らく海外で何が起こっているのかニュースもチェックしないし、考えることもないのでしょう。

 

陰謀論等に興じる前に、実際に世界で何が起こっているかを知っておき、それについて考えることは非常に重要です。

 

詰め込まれる式の日本教育を受けてきた僕たちは、自分から積極的に情報を手にいれる、それを元にして自分の頭で考える、自分の意見を発信する、といった行為が苦手な傾向にあります。

 

そして自分、あるいは自分が属しているグループとは異なる性質のもの見つけるや否や「キモい」「うざい」「空気読めない」と必死に排除しようとする。

そしてそれは集団単位で行われることが多い。

 

恐らくこの記事を読んでくれている人の中にも「こいつ典型的な留学生カブれやな、コロナに脳みそやられとんちゃうか」と一笑に付す方が多いことでしょう。

僕もずっと日本国内に住んでいたら、同様に感じると思います。

 

それでもこのような内容を発信しようと思ったのは、僕たちの世代が意識を変えていかなければならないなと感じるし、海外に出てこれたという経験を通して学んだことを共有することが大事だと考えるからです。

 

日本人にも良いところはもちろん沢山ありますが、あらゆる面で意識が低すぎる。

 

ただこういった内容を自分で打っていても、意識高い系でキモいと感じるのは、自分の日本人としてのアイデンティティが故でしょう。

 

今回の件で、自分も将来は日本以外にも拠点を作って、生きていかなければならないなと考えさせられました。